JCC 2017年度定時社員総会・セッション

弊社はJCC(一般社団法人ジャパン・コスメティック・センター)の設立当初から参加、会員企業として国際展示会への出展など、積極的な活動を通じてJCCのミッションに寄与しております。JCC( Japan cosmetic center)は、「人と環境にやさしく地域資源と優れた技術を活かした 国際的コスメティッククラスターの創造」を理念とする唐津コスメティック構想を実現するために、 2013年に設立されました。会員数も正会員、支援会員として、コスメティック関連企業、生産者、大学等の研究機関、行政および経済 団体など192社となりました。

昨日、唐津ロイヤルホテルにおいてJCC総会が開催され、多くの会員様の参加があり、盛大に行われました。昨今、日本由来の地産原料を用いた商品開発および海外進出が広がってきております。弊社はこれからもJCC会員企業として、日本の化粧品業界の繁栄に貢献していきます。

「よもぎ」アロマウォーター蒸留試験

先日、大阪の某化粧品会社からのご依頼で、よもぎアロマウォーターの抽出試験を行いました。採れたてフレッシュなよもぎからは、とても上質なアロマウォーターが抽出できました。

原料:5kg/方法:間接蒸気/温度:常圧(100度)/蒸留時間:120分/抽出量:15リットル

本装置は原料に合わせ、合計6種類の抽出方法が可能です。今回のよもぎ蒸留は、香りを最大限に引き出すため、クリアな蒸留水を抽出するため、間接蒸気のみ、常圧蒸留にて抽出を行いました。

採れたてフレッシュ天然よもぎ。
袋を開けた瞬間強い香りを放つ、採れたてフレッシュ天然よもぎ。
蒸発釜に設置した、天然よもぎ。
蒸発釜にスタンバイ。これから間接蒸気のみでの蒸留開始。
温度計が100度に到達。蒸留開始。
点火約20分で常圧(100度)に到達。その瞬間アロマ蒸留が始まります。
ガラス管に流れ落ちるアロマウォーター
ガラス管に徐々に滴るアロマウォーター。アロマオイルの場合も同様にガラス管にアロマオイルが流れてきます。

本村蒸留「記」始まりました。

この度、株式会社本村製作所fでは、アロマをはじめとした様々な活動と、企業の取り組みをご紹介するブログを始めました。アロマ蒸留レポートをはじめ、長年酒造で培った弊社の取り組みなどを、随時紹介していきます。