クロモジアロマ蒸留試験

先日鳥取県日野郡で採取されたクロモジのアロマ蒸留試験を行いました。近隣の森林にクロモジが多く自生している場所のようで、お客様自らが採取した原料を片道8時間かけて大切に持ち込まれました。今回のクロモジは「満月」に採取したものを蒸留します。袋からクロモジを蒸留釜へ移す作業中にも、クロモジ特有の爽やかな樹木の香りが漂います。今回はクロモジ5kgをアロマ籠に入れ、直接蒸気管から常圧100℃の生蒸気を吹き込み蒸留を行います。

クロモジの枝葉
満月に採取したクロモジ

ボイラー点火後約20分で100℃に到達、蒸留が始まりました。ジワジワとガラス管にクロモジのアロマオイルが注がれてきます。アロマオイルが採れるかどうかは原料次第です。今回も蒸留開始早々にアロマオイルが目視できるので期待できます。

クロモジアロマオイル
蒸留開始直後に注がれるクロモジアロマオイル

今回蒸留時間は長めに1時間30分行います。待っている間クロモジについてや、お客様が取り組む事業など色々お話を聞かせて頂きました。クロモジは希少性も高く抽出量も少ないため、市場では高値で取引されています。クロモジを利用したい化粧品会社、食品会社、製薬会社など多くいます。市場ニーズに対して原料やアロマオイルが少ないのも、クロモジの希少性を高めています。

クロモジ愛
蒸留中にクロモジについて熱く語るお客様

色々なお話を伺っているうちに蒸留完了。もともと抽出量の少ないクロモジですが、今回も満足のいく量が採取出来ました。お客様も、一度の蒸留でこんな量のクロモジのアロマオイルは見た事ないです!と大変驚かれていました。これが本装置の性能であります。またクロモジは満月に採取した原料は多くアロマオイルを含んでいると言われています。以前試験したクロモジも同様でした。これが自然の摂理です。神秘性も感じますね。

クロモジアロマオイル
層の上がアロマオイル

蒸留したてなので香りはまだ落ち着きませんが、クロモジ特有の柑橘系が混ざったような爽やかな優しい香りです。アロマオイルは少し寝かせて香りが安定します。お客様にも大変満足、納得して頂きました。

クロモジアロマオイルの香り
じっくり香りのテイスティング

アロマ蒸留試験はこちら。http://www.mirai-aroma.net/aroma_business/extraction/index.html

アロマ蒸留見学

先日福岡県内と佐賀でメディカルアロマサロンを経営する方々が、アロマオイルの蒸留見学に訪れました。皆さん某アロマ協会の会員ですが、実際にアロマの蒸留は見たことが無く、実際に装置を目にした瞬間、目を輝かせていました。今回蒸留する原料は、沖縄県勝山産のシークァーサーとなります。

沖縄県勝山産シークヮーサー
シークヮーサー原料

今回の原料は果皮からでは無く、繊維から常圧(100℃)でアロマオイルを抽出します。原料を蒸発釜に注ぎ入れ、水貼りを行い、点火スイッチオン!約20分で100℃に達し蒸留開始。蒸留開始早々アロマオイルがガラス管に流れ込み、溜まっていく様子を見て、わぁ〜と歓声が起こり、皆さん終始目を輝かせていました。

アロマ抽出待ちの姿
蒸留をまだかまだかと心待ちにするアロマセラピスト達
沖縄県勝山産シークヮーサーアロマオイル
蒸留されたシークヮーサーアロマオイル

実際にアロマの香りのテイスティングを行なって頂きました。果実そのもののフレッシュな香りに、「あ〜いい香り〜!爽やか!」と皆さん口々に驚いていました。

シークヮーサーの香り
香りのテイスティング

なぜこんなクウォリティの香りと量を抽出できるのですか?と質問されました。当社は酒造での蒸留装置を長年独自の技術で開発製造してきています。お酒は一滴一滴が酒税がかかるため、一滴でも無駄には出来ないのです。そのための当社独自の技術をそのまま応用しているので、他とは比べものにならないクウォリティとポテンシャルを誇るアロマ蒸留装置なのです。との説明と実際に焼酎用の蒸留機を見て頂き、またここでも大変驚かれていました。

2トン蒸留機
焼酎用蒸留機

終始目を輝かせ、熱心に質問され、知らなかったことだらけで大変勉強になりましたとこの日は終了しました。

アロマ抽出試験依頼はこちらまで。http://www.mirai-aroma.net/aroma_business/extraction/index.html

5月、全国醸造器用品展示会 2019 in 広島へ出展!

5月28日、29日に行われた全国醸造機器工業組合の主催、「全国醸造機器用品展示会 2019 in 広島」へ出展しました。当イベントへの参加は今回で5回目となります。今回は酒造分野に留まらず他分野に渡る業種の方々が来場され、前回出展した2017年の時と比べ2倍近い来場者数があました。

来場者
次々と弊社ブースに多くの方々にお越し頂きました。

弊社ブースにも全国各地からの清酒メーカーをはじめ、ビールメーカー、化粧品メーカー、工業技術研究所など多くの方々にお越し頂きました。既に蒸留機を検討されている、清酒用に開発した減圧貯酒タンクやステンレスタンクを造って欲しいなど、多くのご依頼やご相談を頂き、大変有意義な内容となりました。

減圧アロマ水蒸気蒸留装置
減圧アロマ水蒸気蒸留装置は、アロマに限らず、様々な業種でポテンシャルを発揮します。

アロマ抽出試験の依頼などはこちらから。https://heartmirai.heteml.net/ssl/contact/

スペインからの来客

スペインの柚子農園を営む方々が来社されました。彼らはスペインの広大な土地で約4,000本の柚子の木を所有し、食品をはじめ、様々な事業を行なっています。約2ヶ月前に当社サイトからお問い合わせ頂きました。今回来社の目的は、減圧アロマ水蒸気蒸留装置の見学および、自社栽培している柚子の残渣(冷凍)を活用した、アロマオイルの抽出試験です。これまで色々研究されていたみたいで、知識もそれなりにある中で、本装置の仕組みや性能を熱心に質問され、しっかりとメモを取り研究されていました。

減圧アロマ水蒸気蒸留装置
減圧アロマ水蒸気蒸留装置を前に、仕組みや性能を説明。

今回の蒸留試験は減圧(50℃)と常圧(100℃)の2回行いました。共に原料7Kgずつで蒸留試験開始。

柚子残渣
原料の柚子の皮。残渣の冷凍もの。
柚子果皮ペースト
冷凍原料(果皮)を自然解凍し、ミキサーにかけペースト状に。
原料投入
釜にペースト原料を投入。水を張り、煮出し蒸留開始。

装置を真空状態にし、減圧は50℃、常圧は100℃で沸騰させ蒸留します。沸騰するまでの時間は約20分。沸騰と同時にガラス管にアロマオイルとアロマウォーターが流れ出します。アロマオイルはガラス管内に留まり、アロマウォーターはガラス管から留液タンクへ流れ込み貯蔵します。アロマウォーターは1回の蒸留で約10ℓ蒸留されます。

アロマオイル抽出
表面に浮いているのがアロマオイル。下はアロマウォーター。

蒸留開始後約40分で蒸留完了。採油率は、減圧(50℃)は微量。常圧(100℃)では0.4%でした。結果としては良い方です。これまでも多くの残渣(冷凍)からの試験を行なっていますが、食品加工での圧搾後の残渣、特に冷凍したものからはアロマ抽出は困難な中で、今回の採油率は喜ばしい結果です。

常圧蒸留
常圧蒸留により抽出されたアロマオイル。

香りは非常に良く、減圧(50℃)はナイーブで優しい香りが抽出され、常圧(100℃)は、力強い柚子の香りが抽出されました。今回の結果に非常に満足頂けました。

香りのテイスティング
減圧蒸留と常圧蒸留の香りの違いを慎重確かめています。

減圧アロマ水蒸気蒸留装置のスペインでの活躍が今後期待されます。

◎装置について:http://motomura-aroma.com      ◎抽出試験などのお問い合わせ:https://heartmirai.heteml.net/ssl/contact/

第25回 城島酒蔵びらきへ出展しました。

九州最大の酒蔵の祭典、城島酒蔵びらきが開催されました。今年は過去最高11万5千人の来場者で大変賑わいました。

城島酒蔵
城島の酒蔵のぼり旗がメイン会場へ誘います。

当社は上質な酒造りには欠かすことのできない醸造タンクの開発を創業から行なっており、ここ城島でも数件の酒蔵とお付き合いしております。そこで今回初めてアロマ減圧水蒸気蒸留装置をイベント会場に出展することとなりました。

ステンレスタンク・蒸留機
全国2000社以上の導入実績。

当ブースにも多くの方々にお越し頂きました。 酒造関係者、農業関係者など、今まさに新たな事業の方向性を考えられている方々が、本装置活用の可能性を感じていました。 また、本装置は城島町の隣、大川市の本社工場で開発製造を行っており、本装置による試験は城島町の倉庫にて行っております。 長年この地で事業を行って来ていますが、「こんな凄い会社があったんですね」と口々に嬉しい言葉を頂きました。また、本装置はクラフトJINの製造にも応用でき、日本酒業界から密かに注目されています。日本酒の酒蔵はJINの元になる原料を持っているので、それを有効活用し、柑橘類などと蒸留すれば、オリジナルのJINが造れます。これからも製品を通じ、当社の技術で、様々な業界のより多くの事業者の未来を共に創造していきます。

ヒノキリーフ蒸留試験

佐賀の建設会社様より、ヒノキリーフアロマの蒸留をおこないました。その建設会社は自社の事業から出る、ヒノキの間伐材のリサイクルを目的に、アロマオイルと抽出し、独自のブレンドを加えオリジナルアロマを商品化を行っております。これまでも木を扱う事業者様からの装置の問合せが多くあります。樹木のアロマオイルは、抗菌殺菌作用、防虫、防ウィルスと効能効果も優れているため、木造建築が見直されている昨今、木造新築住宅や、木造小学校、公共施設などに使用されるケースも増えています。またシックハウス症候群を防ぐため、建材塗料へアロマオイルを混ぜ、建材に使用する研究も進んでおります。

ヒノキ葉粉砕
ヒノキリーフ(葉っぱのみ)
ヒノキリーフアロマオイル
キレイな透明感のあるアロマオイルと香りが採れました。

抽出試験のご用命はこちらまでお問い合わせ下さい。http://mirai-aroma.net/aroma_business/extraction/index.html

榧(カヤ)蒸留試験

今回は珍しい植物「榧の美」のアロマ蒸留を行いました。https://www.weblio.jp/content/榧?dictCode=SKBZK

今回は蒸留方法を変え、2回の蒸留試験を行いました。1回目は、これまでの樹木系の蒸留方法に習い、原料をアロマカゴに乗せ、直接蒸気のみでの蒸留を行いました。2回目は、原料を粉砕し、蒸発釜に水と共に煮出し蒸留を行いました。その結果、直接蒸気による蒸留では精油の抽出量は微量でしたが、煮出し蒸留では原料を粉砕したことで実の中の油膜が破れ、精油が採れやすくなり、1.71%もの精油が採れました。香りは柑橘系に似た、爽やかな香りでした。

榧の実粉砕
煮出し蒸留。粉砕した榧の実と水を張った蒸発釜。
採油率1.71%
榧アロマオイルの抽出。

沖縄県産「シークヮーサー」アロマ蒸留

株式会社ハート未来さんのご依頼で、シークヮーサーのアロマ蒸留を行いました。シークヮーサーアロマは国内ではあまりなく希少です。そんな希少価値の高いシークヮーサーのアロマを蒸留した結果、これまでで最高となる、12.8%ものアロマオイルの抽出に成功しました。アロマオイルの抽出量は原料によりますが、今年の天候がアロマをたっぷり含んだシークヮーサーになったのかもしれません。またそれを最大限に引き出せるのは、弊社のアロマ減圧水蒸気蒸留機しかございません。とても爽やかでキレのある香りです。

シークヮーサーアロマ
果皮を水で攪拌
シークワーサーアロマ
過去最高!12.8%アロマ抽出!

シークヮーサーアロマのお求めはこちらまで:http://www.mirai-aroma.net/original/citrus-depressa/index.html

アロマオイル抽出蒸留試験依頼はこちらまで。http://mirai-aroma.net/aroma_business/extraction/index.html

食品業界向け「リーフレット」デザイン

この度食品業界向けに、リーフレットの制作を行いました。昨今アロマは、化粧品や雑貨に留まらず、食品会社様からの問い合わせ、取引きも大変多くございます。実際にこれまで数社食品会社様へ納めています。食品会社は、食の香りを重要視し、各社より良い香りを研究しています。食の香りは、味覚に大きく左右されるので、味を決定づける最大の要素と言っても過言ではありません。弊社のアロマ減圧水蒸気蒸留機は、6通りの抽出方法が選択でき、素材本来の香りを最大限に引き出すことが可能なため、多くの支持を頂いております。

食品業界向けリーフレット
オモテ:食の香りの研究、装置のポテンシャルを記しています。
食品業界用リーフレット
ウラ:装置の特徴を記しています。

FOOMA JAPAN 2018国際食品工業展

東京ビッグサイトで行われた「FOOMA JAPAN 2018国際食品工業展」に出展しました。アジア最大級のイベントだけあって多くの方が来場され、大盛況で4日間のイベントに幕を閉じました。当社は西華産業のブースにて、アロマ減圧水蒸気蒸留装置を展示し、高品質の食品の香りを抽出できる装置として、多くの食品業界関係者の方へポテンシャルの高さを伝えることが出来ました。本装置を目指し訪れて来られた企業様も大変多くありました。食品業界で今後益々香りのブランディングが高まりそうです。

東京ビッグサイト
FOOMA JAPAN 2018国際食品工業展会場入口
本村製作所 アロマ減圧水蒸気蒸留装置
西華産業ブース(東7)
本村製作所
アロマ減圧水蒸気蒸留装置を展示
食品業界企業
多くの業界関係者が訪れました。